データベース内の文字列を一括置換する

ドメインを変更したり常時SSL化を行った場合など、データベース内のURLや文字列を一括置換しなくてはならない時には「Search Replace DB」を使用するのが便利です。

目次

Search Replace DB をダウンロードする

まず、こちらのページにアクセスしてください。
https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/

少し下にスクロールして、下図の赤枠内のチェックボックスにチェックを入れます。

そして、名前とメールアドレスを入力して「SUBMIT」をクリック。

このようなメッセージが表示されます。

登録したメールアドレスの受信ボックスを開いて、「here’s your Search Replace DB download Link」という件名のメールを開きます。

下図赤枠内「here」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。
中身はこのようになっています。

Search Replace DB master をサーバーにアップロードする

「Search Replace DB master」フォルダを、サーバー上のWordPressと同階層にアップロードします。

データベース内の文字列を一括置換する

ここで行う操作を間違うと、元に戻すことができません。
万が一、間違えてしまった場合に備えて、必ずデータベースのバックアップをとっておいてください。

http://(ドメイン)/Search-Replace-DB-master/ にアクセスすると、このような画面が開きます。

「Replace」に変更前の文字列、 「with」 に変更後の文字列を入れます。

例えば常時SSL化する場合であれば、 「Replace」にhttpから始まるURLを、「with」にhttpsから始まるURLを入力します。
この時、末尾に「/」(スラッシュ)は入れないようにしてください。

次に「dry run」(テスト)ボタンをクリックします。

メッセージを確認し(英語なので適宜翻訳ツールなどをお使いください)、問題がなければ「live run」をクリックします。

これで置換が完了しました。

Search Replace DB master をサーバーから削除する

一括置換ができたら、必ず「Search Replace DB master」をサーバーから削除してください。
サーバーにアップしたままにしておくとセキュリティリスクになります。

「delete me」をクリックするだけで、簡単に削除できます。

削除が完了しました。

目次
閉じる