子テーマで「functions.php」を作成する時に注意すべきこと

wordpressをカスタマイズする際に、
子テーマで「functions.php」を作成することがあります。

この「functions.php」の設定や記述にミスがあると、
wordpressのダッシュボードにログインできなくなることがあるため、注意が必要です。

注意すべきこと

ファイル名

親テーマと同じファイル名でなければ反映しないので、
「functions」の最後の「s」を忘れないこと。
(親テーマのファイル名をコピペすると良い)

文字コード

「UTF-8N」にすること。
「UTF-8」にしてしまうと、wp-loginにアクセスした時真っ白な画面になりました。

1

余分な空白や改行を入れない・閉じタグは書かない

関数の記述が終わった後に空白や改行が入っていると、
ダッシュボードにログインできなくなってしまいます。

また、閉じタグ「?>」を書いてしまった場合、
ログイン画面で「エラー: 予期しない出力により Cookies がブロックされました」
というメッセージが表示されてしまいました。

ですので、このような形で終わるようにします。

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA